顧問契約

基本的に顧問契約の中で、
記帳代行・給与計算・申告業務・年末調整・償却資産税申告・法定調書合計表作成
といった通常業務から、日々の税務相談、決算対策、今後の提案などを総合的に
行うスタイルです。

顧問料の考え方

顧問料は、次の要素からお見積りいたします。
・売上の規模
・給与計算の有無、従業員の人数
・訪問回数(毎月、3ヶ月に一度など)
・打ち合わせ方法(税理士が訪問、お客様が事務所へ来社、決算時以外は郵送など)
・記帳の状況(全ておまかせ、現金出納帳は記帳している、自計化しているなど)
・仕訳数
・税務の複雑さ、特殊事情など

お客様がどこまでご自身で行いたいかなど、ご希望を伺った上で決定していきます。
最初は、全てお任せスタイルで、後ほど、給与計算は自分でやるなどその時その時の状況でうまく利用していただければと考えています。
なお、開業したてや、法人を複数お持ちでまとめてご依頼いただく場合、
NPOや団体などで予算が限られている場合など、できるだけ事情は考慮します。

顧問料以外にいただく場合

・税務調査立会い
・通常以外に発生する譲渡所得申告など
・補助金対応
・相続税シュミレーション
・株価評価   など

単発メニュー

◯ 税務相談 1回 5,000円(上限2時間)
平日夜間、土日などもご相談ください。
現在お勤めの方の起業相談も歓迎します。

◯ 法人税申告(年に一回) 80,000円〜
日々の記帳をご自分でなさっていることが条件です。

◯ 個人確定申告(年に一回)
給与所得・年金所得だけの方
 3,000円
無料相談に行くのが大変、お近くの方などご利用ください。

事業所得・不動産所得など
 50,000円〜
規模が小さいため顧問契約をするほどでもない
それなりに規模はあるが日々の記帳は自分でしているなど
申告のみを頼みたいという場合などご相談ください。